承認欲求!?他人に認めてもらい感情の現れ・・・自己肯定感を高めるレッスン1

自己肯定感、低くくなっていませんか?

仕事に行けない、食事が美味しくない、ひとりでいたい。などなど・・・・いつもの自分と比べるとどこかヘンだと思ってしまう感覚はありませんか?
もしかすると「自己肯定感」が低くなっていることが関係しているかもしれません。

他人の視線や言われた言葉が妙に気になったり、ちょっとした失敗で深く傷ついてしまったりするようであれば、自己肯定感が低くなってしまっている可能性大です。

「他人と比べてしまう」ことが習慣になっている人は、自己肯定感が低い

自己肯定感とは?

自己肯定感とは自分の存在を肯定的に受け止められる感覚であり、自分が自分についてどう考え、どう感じているかによって決まる感覚です。自己肯定感とは「自分の存在そのものを認める」ことであり、「ありのままの自分をかけがえのない存在として肯定的、好意的に受け止めることができる感覚」のことです。「自分が自分をどう思うか」という自己認識が自己肯定感を決定づけています。

自己肯定感が高いと感情が安定し、人生で起きるさまざまなことをプラス思考にとらえられます。反対に、自己肯定感の低い人は「自分なんてダメだ」という感覚にとらわれ、マイナス思考になりがちです。

私たち日本人は諸外国の人に比べ、自己肯定感が低い傾向にあります。内閣府は2014年、日本・韓国・米国・英国・ドイツ・フランス・スウェーデンの国際比較結果を公表。自己肯定感の高さを問うどのアンケート項目においても、日本は最下位でした。「自分自身に満足しているか?」という質問だと、「そう思う」「どちらかと言えばそう思う」と答えた割合は、ほかの国は70%を超えていた一方、日本はたったの45.8%だったのです。(引用:内閣府)

自己肯定感とは、ひとことで表すと「自分の軸を支えるエネルギー」。
わかりやすく言うと“選択肢をつくる力”。自分で考え、自分で選んだ行動に対して、それがどんな結果をまねこうと、つねに『イエス』と言えるのが自己肯定感。自己肯定感が高ければ、ポジティブな感情を保ち、物事をプラスに捉え、行動にアクセルをかけ続けることができます」

自己肯定感を高める レッスン1「セルフハグ」

自己肯定感が低くなっている時は、自分のネガティブな部分にフォーカスして、後悔したり、先が見えないことに悩んだりしてしまいます。
帰宅したら、まず手を洗い、うがいをしてゆっくり、ゆったりできる服に着替え、右手で左肩を左手で右の肩をぎゅっと抱きしめてください。
自分で自分自身を”ぎゅーっと”抱きしめる「セルフハグ」です。 深呼吸と同じ8秒間「セルフハグ」をしてください。

セルフハグをするだけで、自分に優しくなれます。あなたの最大の応援団長はあなた自身です。

こう言って自分自身を褒めてあげましょう。

「ありがとう、私」
「毎日、エライよ、私」
「前よりどんどんよくなっているよ、私」
「本当によく頑張っている、私」

最初はちょっと恥ずかしいですが、思いっきり自分を抱きしめ褒めてあげましょう。そして自分自身を受け入れてください。そうすることで自己肯定感が高まってきます。

Copyright© Feminine Association , 2021 All Rights Reserved.