1週間でダイエット!グルテンフリー+低糖 監修:グルテンフリー料理研究家 河井美幸

¥1,980(税込)

1週間でダイエット!グルテンフリー+低糖 監修:グルテンフリー料理研究家 河井美幸

グルテンフリー+低糖(+プチ断食)でダイエット!

世の中には食事から運動まで様々なダイエット方法があります。
ただ、実際に結果を出せなかったり、リバウンドしてしまったり、痩せても体力がなくなり
お肌もカサカサに。そんなダイエットを繰り返していませんか?

グルテンフリー料理研究家の河井美幸がアレンジしました。

1ウィークダイエットレシピです。(1日3食 21食 19種類)

※商品はPDFのレシピになります。

ご注文いただきましたら、ご注文いただきましたメールアドレスへレシピPDFファイルをメールに添付して送らせていただきます。(商品の発送はございません)

ご注意!下記の7つの項目を意識してがんばれる方のみご購入ください。


1、「ご飯とおかず」という意識を捨てましょう!
2、「無理」と思わず「やろう」という意識に変える。
3、砂糖や小麦は麻薬と一緒です。
断たないといつまでも欲しくなります。
4、1日に食べる時間は6時間から8時間以内のみ。
寝る前2時間前に終わらせる。
5、朝はバターコーヒーのみ。
血糖値が安定したらお腹は空きにくくなります。
6、おやつはレシピ内にある物、または指定された物のみ。
7、ウォーキングやヨガ、軽い筋トレなどを併用しましょう。
(過度な運動はお腹が空いて余計に食べたくなったり、運動を言い訳に糖質の高い物を食べるため。)


■グルテンフリー+低糖+(プチ断食)の食生活で得られるもの

このダイエット法は痩せるだけでなく、健康になるのはもちろん、お肌も若返り抜け毛も減ります。
またアレルギーも改善し、体調も体型もその方が本来あるべきベストな状態に近づいて行きます。
過度なダイエットで痩せ過ぎてしまったり、健康を壊したり、お肌がボロボロでは意味がありません。
現在痩せ過ぎの方は体重が増えるかもしれませんし、肥満気味の方は自然と痩せてくるはずです。
また、血糖値が安定すると気分の浮き沈みもなくなり、常に明るい気持ちで前向きに過ごせるように
になります。

■ ダイエットは続けることが何より大切!

そのためには、あまり無理しなくても続けられて、できるだけ簡単で美味しく、糖質が低く必要なタンパク質を摂取できるお肉を使ったレシピをまとめました。

作り置き対応のレシピも多いので、まとめて作っておくと大変便利です。
また、バターや生クリームなどの脂質は太るのではないかと思っている方がいらっしゃいますが、
脂質は大切な栄養素、太るのは一緒に糖質を摂るからだということを覚えておいてください。
例:ケーキ クリーム(脂質)+砂糖(糖質)+スポンジ(糖質)

■グルテンって何?

小麦粉(薄力粉、中力粉、強力粉、デュラムセモリナ小麦など)、またそれを使用した食品は
糖質が高く、撮り過ぎると腸に負担がかかり、原因不明の体調不良を起こす人もいます。

年々、肥満の人が増えているのは小麦粉を使った製品を多く摂取するようになったことも一因になっています。


小麦製品
・パン、パン粉、うどん、麩、スパゲティ、マカロニなどのパスタ
・餃子の皮、春巻きの皮、お麩他
小麦を含む加工食品の例
・カレーやシチューのルウ、カップラーメン
・スポンジケーキなど洋菓子類(プリンやゼリーには含まれない)
・パンやうどん、パスタなどの加工食品、お麩など

■低糖食って何?

糖質を摂取すると血糖値が上がり、その血糖値を下げるために出たインスリンが余ると糖と
結びついて脂肪となります。またこの血糖値が下がった時にまた糖が欲しくなり、空腹感でまた
食べてしまうの繰り返し、これが肥満につながります。低糖食というのはこの血糖値が
上がりにくい食事のことを言います。反対に小麦粉を使った製品は高糖質です。


<避けるべき食事>
全ての丼もの、ハンバーガー、パスタ、ピザ、そば、うどん、ラーメン、パン、ケーキ類、
カレーライス、グラタン、寿司など、ジュース、ビール、ブランデー、日本酒他
<食べて良いもの>
レシピで紹介しているもの、チーズ、卵、ナッツ、肉類、魚、野菜、豆腐、
ベリー系のフルーツ、砂糖と小麦を使わないクリーム、ワイン、焼酎、ウィスキー他

定価
¥3,000(税込)

販売価格
¥1,980(税込)

数量

在庫 : 在庫有り